入学準備品に小学1年生で忘れがちな雨の日グッズ!長靴や傘の選び方について

Pocket

登校が始まって子供を一人で送り出す日が雨だった、なんて時に慌てないためにも雨具は入学準備と一緒に用意しておくことをおすすめします。

折りたたみ傘やレインコート等も新一年生では難しいかなと、心配なママもいるのでは?

筆者が個人的に入学して気づいた事もあるので、ご参考までにどうぞ~。

Sponsored Links

雨の日は長靴に?それとも普通の靴でも大丈夫?

入学準備!意外と忘れがちな小学校へもっていく物について

❏雨の日は長靴じゃないと心配派には

小学校の靴箱は長靴がキレイに収まる高さがないところが多い事をご存知ですか?

なので、長靴を履いて行くと上をムギュッと折り曲げて入れるか

横倒し状態にしないと収まりません。

(下駄箱からはみ出してたり、下に転げ落ちているのを何度か目撃しました)

入学準備で新しく長靴を購入される方は、学校見学の際に下駄箱の下見をされてた方がいいですよ~。

ちなみに最近は、小学校の下駄箱に入るサイズのショート丈の長靴もたくさん販売されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キッズ ジュニア ショート レインブーツ
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/7/22時点)

 

❏少々の雨は靴で大丈夫でしょ派は

小学生になると自分で歩いて登下校になるので、どうしても普段歩き慣れた靴で雨の日も行きたがります。

男の子は特に走り回ったりするので、少しの雨だったら靴の方が親から見て、安心だったりする時もありますよね。

我が家の場合は、長靴だと靴擦れをするとか、

走りにくい、友達が皆靴だからだとか色々理由をつけて

ものすごい大雨以外は、長靴を履かなくなりました(苦笑)。

少しの雨なら防水スプレーや、防水スニーカー等も売られているのでお子さんの性別や性格によって、購入基準を考える事をお勧めします。

レインコートかポンチョか

 

スポンサードリンク

 

レインコートをお持ちの方はわざわざ新しく購入する必要はないのですが

まだ購入していなかったり、サイズが合わなくなったりして新しいのを考えているならば、ポンチョをお勧めします。

雨の日の通学に考えるのはもちろんですが、遠足の時に持ってくるものに入っていることが多いのもあるので用意しておくと便利だと思います。

レインコートは袖があるので、夏場暑かったり、冬場はコートで着ぶくれして

入らなかったりして、子供も不便です。

ポンチョなら通気性もいいですし、着脱も簡単です。

ランドセルやリュックに対応した物もあるので

使い勝手が良いので我が家ではポンチョを使っています。

傘を選ぶ時の基準は?折りたたみ傘は必要なのかについて

幼稚園や保育園で使ってた物で代用はできるので、あわてて購入する事はないですが

できれば替えの傘を一本用意しておくことをお勧めします。

なぜなら、忘れたり、壊れたりするからです。

我が家はまだ、上記の事は経験ないですが、同じ時に入学したお子さんで

「昨日学校に、また傘忘れてきて、濡れて行ったわよ」とか

「傘で遊ぶからすぐボロボロよ」とか何度か聞いております。(ハハハ・・汗)

うちの子は、雨で濡れたって風邪一つ引かないわよっ!と

強靭な肉体をお持ちなお子さんである以外は予備の傘のご準備をお勧めします。

それと、傘の大きさにも注意してあげるといいかもしれません。

ランドセルに雨の日用のカバーをつけているお子さんをうちの近所ではあまりみません。

(ランドセル購入時におまけで貰う黄色いゴムの入った物です)

想像ですが、ランドセルにびよーんとカバーを家でつけて行って、

学校で外す時に雨がビシャッとかかったり、装着が子供には面倒なのかな、と。

なのでお子さんの体格によりますが、ランドセルがある程度傘に収まる大きさが良いと思います。

あと、傘の一部が透明になって前が見えるようになっている傘はやっぱりないよりあった方が安全性が上がると思います。

折りたたみ傘は、新一年生には使いにくいようですね。

一人で折りたたむのができるお子さんならあったら便利かもしれませんが、

我が家の場合、入学祝で頂いた折りたたみ傘がありますが、

入学してから初めての夏休みを迎えましたが一学期は一度も使ってません。

今日は雨が降るかどうかわからなくて迷った日は、

傘を持たせるかレインコートかポンチョで

充分対応できるのではないでしょうか?

雨の日に学校に持っていくと便利な物

ランドセル購入時期は?選ぶ基準は?価格や保証について調べてみました

傘を持って長靴をちゃんと履いていったはずなのに、

帰ってきたら靴の中や靴下がビチャビチャって事になるのが子供ですよね(苦笑)

帰りがけなら家で対処できるので良いのですが、朝登校した時に濡れた靴下を履いたままだと

考えただけで気持ち悪いですよね。

雨の日は、替えの靴下と汚れた靴下を入れるビニール袋、濡れた髪やランドセル用に

小さめのハンドタオルを持たせてあげるといいですよ。

まとめ

  • 長靴は靴箱に合わせたものに、長靴を履きたがらないお子さんには、防水スプレーや防水スニーカーで対処する。
  • ポンチョの方がレインコートより通気性や着脱の事を考えると子供が使いやすい。
  • 傘はサイズを確認、出来ればランドセルがカバーできる大きさを。予備があれば、忘れ物や壊れた時に慌てずにすむ。安全面を考えると傘の一部が透明ののぞき窓があるタイプがおすすめ。
  • 雨の日は、替えの靴下とビニールを。タオルがあれば尚便利である。

いかがでしたでしょうか?

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする